ワキガって何?再確認しておきたいこと

脇汗

 

「あの人はワキガ」「この人はワキガ」
よく言いますけど、その原因は違うのはご存知でしょうか?
ワキガは脇の下から発生する刺激臭の一般的な総称です。

 

大きく分けて2つ。

汗をかいた事で発生する臭いのワキガ。

お風呂を入った後は大丈夫だけど、時間が経つと臭いがするのはこちら。

 

汗をかかなくても発生する臭いのワキガ。

お風呂に入った直後なのに臭いがするものがこちら。

 

この違いは、前者が汗が原因、後者は汗が原因ではなく、いわゆる体臭に関わる臭いのこと。
本来ワキガとは前者のことであり後者は違います。
しかし結果が似ているので勘違いする人がいるんですね。

 

後者の人達がワキガ対策グッズを使用しても効果が薄いと思ったことはありませんか?
それは当然で、臭いを抑える効果があっても原因対策にはならないからで、
その原因は食生活や内臓に起因するものだからです。

 

そもそも体臭とは生物が普通に発する現象であるのですが、
日本社会は除菌ブームや綺麗好きブームで悪臭が少ないので、体臭を必要以上に気にし過ぎなんです。
とはいえ、気になる方は食生活を肉食中心の生活を止めて、内臓に病気が無いか、負担を掛けてないかチェックすべきです。
体臭の悪臭化は日々の生活の蓄積で発生するので、一ヶ月程の期間を設ければ改善されます。

 

そして自分がワキガだと再認識した人は、普通にワキガ対策をしましょう。
エチケットをする、という他者への思いやりは、巡り巡って自分への思いやりとなりますからね。

 

TOP⇒