脇の臭い対策

脇汗には昔から悩まされてきました。

 

夏はTシャツの袖から汗がしたたり落ち、冬は暖房の暑さで脇にじっとりと汗が。

 

セーターやジャケット、コートまで染みてくるし、臭いも気になるし、マメに洗濯しないと臭いが服に染み付きます。

 

こうなったらたとえ脇汗かいていなくても、着てるだけでなんだか汗臭い。

 

制汗剤もあまり効かず、常に制汗スプレーと汗拭きシートを手放せませんでした。

 

汗の量は汗拭きシートでコントロールできるとしても、臭いだけはどうにもなりません。

 

ありとあらゆるメーカーの制汗剤を試し、やっとたどり着いたのが、イスラエル製の、ラヴィリンの脇用クリームです。

 

一つ5200円と高価ですが、1週間に一度塗るだけで臭いを防いでくれるとのこと。

 

悩んだ挙句に思い切って買ってみました。

 

すると、本当に1週間もちました!

 

汗の量は変わりませんが、毎朝の制汗スプレーの手間も臭いも気にすることなく過ごせます。汗が多い時には、汗拭きシートで拭いています。夏の暑い時期は5日に一度塗る感じでした。毎日塗るわけではないので、クリームも4ヶ月ほどもち、コスパとしてはとても良いです。

 

服に臭いがつくのが心配なので、ファブリーズなどをスプレーしてから着ています。

 

自分の消臭、服の消臭のダブルの対策で、今は臭いにはあまり悩まされません。

 

脇の臭いが気になって自信喪失

脇汗

私は中学生の時に自分の脇が臭いことをはじめて知りました。知ったきっかけは、体育の時間に言われた友達からの一言です。着替えてる最中に、「臭いよ」と言われてしまいました。それまで、自分に自信を持てていましたが、臭いよと言われてから、自信がなくなりあまり人と会話や接する事が嫌になってしまいました。高校生になると白いシャツに黄色い脇染みも出るようになり、ますます自信がなくなり、恋愛も出来ず悲しい日々を過ごす毎日でした。同級生に強烈なワキガの人がいたので、僕の臭いはそこまで目立ちませんでしたが、やはり気になってしょうがなかったです。ケア用に香料のあるタイプをつけてみたりしましたが、逆ににおいが混ざり合って逆効果。風呂で一生懸命脇を洗っても、次の日には臭いがするし、どうしようもありませんでした。海外のクリームや脇汗パットも試しましたが、臭いがなくなる事はありません。私が就職してから、殺菌作用のある脇スプレーが商品として登場しました。それほど値段も高くなかったので、銀の力で臭いを抑えるスプレーを購入してみました。早速仕事に行く前につけて行きましたが、その日はなんと自分でも臭わなかったのです。最初だけかもしれないも思い、次の日も使用しましたが、臭いませんでした。これは期待ができると感じ、徐々に自分に自信が湧いてきました。銀のスプレーを使って5年は経ちますが、今だに臭うことはありません。本当に良い商品に出会えてよかったです。

 

トップページに戻る